セミオーダー住宅はどのくらい自由度がある?

マイホームを持つためには大きくわけて分譲住宅を購入する方法と、注文住宅を建築する方法の2種類があります。そのなかでも注文住宅の建て方には「フルオーダー」と「セミオーダー」があり、依頼主の要望をどれだけ反映させられるかが違います。フルオーダーの場合は、依頼者のこだわりを設計に細かく取り入れることが可能です。

セミオーダーの場合、キッチンやトイレをはじめとした住宅設備や外壁などにある程度の基本仕様があり、そこから選んで決定していく方法が一般的です。分譲住宅ではすでに完成している建物を選ぶしか選択肢がありません。つまり、セミオーダー住宅はフルオーダーよりも自由度は低いとはいえ、分譲住宅に比べると自分の好みの住宅を建築できる自由度があります。

セミオーダー住宅を選ぶメリットは?

自分の要望を細かく設計に取り入れようとすれば、それなりに建築に関する知識も必要です。セミオーダー住宅ではよほど特殊な造りを望まない限り、基本仕様から選んで組み合わせるだけで済みます。間取りにある程度融通がきいたり、設備をグレードアップできたりすることも多く、負担が少ないながら理想に近いマイホームを手に入れられるところがメリットです。

また、一から設計していくフルオーダー住宅を建てるのは手間がかかるため、完成までに時間がかかります。セミオーダー住宅は基本的な外壁や住宅設備の仕様が決まっていることもあり、フルオーダーほど時間がかかりません。費用面においてもフルオーダーの場合、さまざまなこだわりを設計に取り入れれば高くなりがちです。セミオーダー住宅では自由度がありながら、フルオーダーよりもコストを抑えて建築することができます。